嗅覚だけではない香水接客のエッセンス✨🌹

Parfum Essential Lesson Attitude

もうすぐミモザの日ですね🌼

軽やかな甘い香りが、春のあたたかい日差しのように心を照らしてくれる季節☀️

香水接客に従事される皆さま🌹いかがお過ごしでしょうか✨

新作の発売に奮闘される日々💭

トレーニングに勤しまれる日々💭

新たに入社された方を迎え入れる準備を進める日々💭

この季節ならではの時の流れを体感されていることと思います😌

私たちはどのような季節であっても、お客様はもちろん後輩や新人スタッフ、はたまた先輩や上司に『香りを伝える』環境に身を置いていることに変わりありません🌸

そんな環境に日々居るはずなのですが、現場の声に耳を傾けると・・・

教え方が分からな

と途方に暮れ、倦ねく方が多いことに驚きます。

「製品知識」は香水接客のエッセンスの1つ🌹

そもそもフレグランスを取扱う多くの会社では、一方的に情報共有されるだけの製品説明会が『トレーニング』と称されています🤦‍♀️

共有された“製品知識”は、香水接客においてあくまで必要なエッセンス(要素)の1つに過ぎません。

香りを接客で伝えるためには少なくとも以下の3点は必須です🪄

  1. 製品知識の習得(インプット)
  2. 習得した製品を言葉に出す(基礎アウトプット)
  3. 他製品と比較し言語化する(応用アウトプット)

▲しかし、あくまでこの3つは『製品軸』です🩰✨

実践的なトレーニングを行うならグループワークも効果的です😌例えば・・・

  • 香料に頼らない接客を訓練(多角的な豊かな表現を習得)
  • お客様タイプに合わせた提案をシミュレーション(香りの好みだけでなくライフスタイルやワードローブ別の提案)
  • 習得した製品の魅力を引き出す“まとい方”をシミュレーション(まとい方次第で変わる印象を言語化)

実際に言葉に出すことで言語化のトライ&エラーができ、香りのイメージを膨らませながら言葉の引き出しを増やし、豊かな表現力を養います🪄

伝え方ひとつで香りの印象が変わる事を体感できる絶好の機会にもなります😌

ポイントは『トレーニング』の場であるからこそ何度でも練習することができ、多角的に製品を見つめながら言葉探しをすることができます💡

“製品知識”とは、あくまで接客の中の1つのエッセンス🌹

多種多様なお客様がいらっしゃる店頭で、“製品知識”をいかに使うか😌🪄︎︎

それこそが本来備えておくスキルであり、備える為には何が必要か?と案を持ち寄り策を練る機会=トレーニングであるべきです😌

「得た知識の使い方」をトレーニングせずに店頭へ立つのは、トゥシューズだけ渡されて踊ってみてと言われているようなものです😢

“執着”と“深堀り”の線引き🪄

「香水の接客がうまくできるように💪」と香料に執着してしまうケースです😥

『香水の接客に必要なこと=専門的な知識=香料を覚える・知る』と捉える方がとても多く、香料だけにフォーカスし、覚えよう!知識を深掘りしよう!と執着してしまうのです😓

香水知識を深掘りすることとは、香料についてただ詳しくなることではありません💦

香料も香水接客に大切なエッセンスの1つではありますが、「専門的な事が分からない😓」とお客様を前に尻込みしてしまい、声をかけられず、言われるがまま端からムエットに香りを乗せるだけの応対はただの言い訳のような姿勢です💦

香料に詳しくなる前に接客そのものに必要なこと、大切なこと、目を向けることがあるはずです🪄

まず目の前にいらっしゃるお客様に興味を持つことは最低限の応対ですよね☺️

目に見えないものだし専門的なことは分からないから、お客様に何から話せば良いか分からない💦」と内向的になる前に💡

  • 普段どのような香りを選ばれるのだろう🤔
  • そもそも香水は日常的に纏われる習慣がある方なのだろうか🤔
  • どんなライフスタイルで、どんな時に香りを手にされるのだろう🤔
  • 私たちのブランドの香水はお使い付けのものがあるのだろうか🤔
  • 何かご存知の香りはあるのだろうか🤔
  • 香りを選ばれる時に大切にされている心持ちは何だろう🤔
  • 素敵なお客様に私たちのフレグランスを纏っていただけたら嬉しい!💐

・・・最後は気持ちが溢れ出ておりますね😅

改めて基本的な接客姿勢を正し、製品紹介に捕らわれすぎず、まずはお客様の心の声に寄り添うことにフォーカスしましょう🪄︎︎✨

目に見えるものから紐解いていく💡

右も左も分からないスタッフに私が掛ける言葉があります😌

《「覚えよう!」としなくて良い》

まず何も分からないスタッフが店頭で最も訊ねてくる言葉は「これって何が入るんですか?」です。

取り急ぎ3つほど香料を答えると

と指折り数えながら暗記しようとします。

しかし、それぞれが何なのか?そしてどんな特徴の香りなのか?はもちろん理解できていません😓

「香料だけ聞いても今ピンと来ていないように、お客様もそれだけ言われても同じ状態だと思う😊」と前置きした上でこう続けます😌

紹介している本人が理解できていない香料を「〜の香りです」と伝えたところで、お客様との会話も続かず、次に何を話し出せば良いか分からない(それ以上聞いてこないでとオーラが出てしまう)、後退りする姿が見えます😅

だからこそ、嗅覚だけではなく目に見える部分、手に取れる部分から興味を持ち調べていく🪄︎︎✨ 謎を解き明かしていくように😊

この記事をご覧くださっている方で、何から覚えたら・・・何から伝えたら・・・何を教えたら・・・と悩み、途方に暮れている方はぜひ参考にしてみてくださいね😊

“香りを伝えること”や、“香水接客”を「香りを言語化しなければ成立しない💦」と難しく考えていたスタッフもこれを伝え、実践してもらうと『香水の接客って香りのことだけじゃないんですね!』と心を軽くしています😊

香水接客に必要なエッセンスは数多くありますが、どれから手をつければ良いかも分からない方や、今とは違った角度からフレグランスの紹介ができないか?🤔と思っている方にはぜひ一度試してみてくださいね🌷

きっと今以上にあなたの言葉が出てくるはずです😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました